スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

重なる心 すれ違う思い15

先生の温もりを感じた時間…。

あれを見られてたとしたら…。

「あ、あ、あの…。」

「僕が行った時は誰もいなかったから、
 行かなかったのか、それとも帰った後だったのか…。」

え?

いなかった?

「行ったけど、私…。」

「そっかぁ。じゃあ、すれ違いだったのかなぁ。」

いや、けっこう長い時間いたんだけど…。

「写真撮った?見せてよ!」

「あー、私も見たいっっ♪」

「う、うん…。」

なんだかスッキリしないままカメラを渡す。

「どれどれーーー。」

次々と再生されていく写真たち。

それを見ながら

「あ…れ?なんか違うなぁ。」

首をかしげる優太くん。

「桃ちゃん、ここ、僕が教えた屋上?」

「?」

「僕と見た時は、こういう見え方じゃなかったでしょ?」

「???」

「あーーー!桃!建物間違えたんじゃない?」

「!?」

「そうか!それで会わなかったんだ(笑)
 だって、撮影時間からすると
 1時間以上はここにいたみたいだもんね。」

「違う建物…」

そういえば、前に優太くんと屋上に上がった時は
何人か生徒の姿もあったのに昨日は私と…

―「ここは生徒立入禁止だからな。」―

あ!

だから先生…。

「ごめんなさい。間違えたみたい。」

「出たよーーー!桃の超絶方向オンチ(笑)」

「優太くん、来てくれたのにごめんね。」

「いいよ。いいよ。
 だって、僕が行かなくても良い写真撮れてるじゃん!」

と、私と愛未に見せた写真は…

「それ…。」

「おお!いいじゃん、これ!!!
 桃、こういう才能あったんだねぇ!」

それは先生の撮った写真だった。

「グリッド線も出してるし、勉強したんだね。エライ、エライ!」

笑顔で褒めてくれる優太くんと愛未。

―それは先生が撮った写真なの―

そのひとことが
言えなかった…。

大切な
大切な
ともだちなのに

言えなかった…。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト
と言う事は。
先生がいる屋上へも、再び行ける確率低い?
って、事になるのでしょうか。

1人で来いって言われてるのに、超絶方向音痴の
桃ちゃんじゃ、行けないじゃないのぉ~~~~(T・T)
by: narinari * 2010/06/08 10:09 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: と言う事は。>narinariさま
コメントありがとうございます♪

> 先生がいる屋上へも、再び行ける確率低い?
> って、事になるのでしょうか。
> 1人で来いって言われてるのに、超絶方向音痴の
> 桃ちゃんじゃ、行けないじゃないのぉ~~~~(T・T)
そう。
今日はそこに触れようと思ってます。
まだ、着地点は見つかってませんけどぉーーー(汗)
by: OH林檎 * 2010/06/09 13:03 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。