スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

若葉のころ13

「好きなところに座っててね。お昼、もうすぐ出来るから。」

「え!あっ、すみませんっっ!!!」

「いいの、いいの。
 母の料理もなかなかだよ。
 桃ちゃんのお母さんほどじゃないけどね。」

「そ、そんなこと…」

「優太、桃ちゃん困らせちゃだめよ!」

「はーーーい♪」

優太くん、これ以上緊張させないでっっ!!!


それにしても、
いきなり来てお昼ご飯ごちそうになるなんて、
図々しいって思われないかなぁ…。

手伝った方がいいよね…。

「あの、私、お手伝いを…」

「いいの、いいの。
 台所に女ふたり入るべからずだよ(笑)」

「なぁに、それ?」

「いいの、いいの。
 桃ちゃんはゲストなんだから座ってて。
 手伝いがいる時は僕がするから。」

そんなこと言われても落ち着かないよーーー!


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。