スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

出会い03

聖堂での入学式は
食物学科と
看護学科の合同入学式だった。

「も~も!おっはよう!!!」

1時間ほどの式を終え
教室に向かう途中、
友達の愛未に呼び止められた。

「食物学科、女子ばっかだねぇ。ウチの看護学科もだけど(笑)」

「愛未、よく見てるねぇ。」

「大事でしょ!人間観察は(笑)」

北川愛未は小学生の頃からの大親友。

日本人離れした目鼻立ちに
サラッサラのロングヘアー。

今日のパンツスーツは
愛未のすらっと伸びた手足に
よく似合っている。

勉強も運動も難なくこなす
いわゆる、
天に二物を与えられた人間で
ドジでノロマな私のお世話を
10年以上もしてくれてる。

進路について
はっきりしたビジョンを持ってなかった私に
この学校を勧めてくれたのも愛未だ。

「どお?良い感じでしょ、この学校。」

「う~ん…。まだ、分かんないけど、桜並木はステキだった♪」

「はは。桃らしい感想だな。
まぁ、食物学科だったら桃の料理の腕も生かせるし、
2年間で洋子ママの負担も軽くて済むし、
キャンパスライフもそれなりに楽しめるしで良いと思うよぉ。
私は3年あるから先に社会に出て待っててよ(笑)」

「愛未だったらお医者さまにもなれるのに、どうして看護学科選んだの?」

「偉そうな医者をやり込める看護師って、格好良くない?」

「えっっ!?偉そうな…ってお父さんの事?ていうか、そんな理由なの!?」

「ふふふ( ̄ー ̄)」

(愛未、本気だ…。)

「さ、そろそろ行かないとね。教室でオリエンテーションでしょ?」

「うん。」

「終わったら洋子ママのとこ行くから。」

「わかった~!」

「じゃあ、桃!しっかり友達作んなさいね!」

「う、うん…。」

愛未は
黒髪をなびかせて
違う棟の教室に走っていった。

友達かぁ…。
あんま、自信ないなぁ…。

不安な気持ちのまま
食物学科がある棟へと足を速めた。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。