スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

出会いは危険な大人の香り…6

声は
少し開いた扉の隙間から聞こえてきた。

もっと言うと、

『私の背中がある為に
 少ししか開かなかった扉の隙間から
 必死に中を覗いている人物の声』

が聞こえてきた。


「ちょっと、チビッコ!どいてよ!」


チ、チビッコ!?


「私、でしょうか?」

「そうとしか取れんだろ?」


外界から声が聞こえると同時に、
私の手を離した目の前の人に聞く。

さっきまでは危険な存在だった人が
今は唯一、“知っている”存在なのだ。


「どいて良いんですか?」

「良いも悪いも、ここはアレの部屋だ。」

「え!?」


ということは…

私は慌てて扉の前から移動した。

ただ…


「もぉ!扉の前でイチャつかないでよ!
 僕の神聖な部屋が穢れちゃう!」


そう言いながら飛び込んできた人は
私とそうは目線の高さが変わらない…


「おい、ミユ。
 お前がこいつにチビッコって…。
 言ってて恥ずかしくないか?」


チビッコさんだった。




ミユと呼ばれているチビッコさんは、
長身さんとは別の部類のキレイな人で、
大きな二重の瞳がとても印象的な『美女』顔。

でも、白衣の下は
おへそが見えるほど短いタンクトップに
黒レザーのホットパンツ。

長いレオパード柄のストールを首に巻き、
前面にベルトがたくさんついた
厚底のロングブーツを履いている。


す、すっごく、個性的なファッション…。

校医さん、なんだよね?


耳に光るクロス柄のピアスを見つめながら、
とっても心配になってしまった。
(余計なお世話だろうけど)




それから暫らくの間、
2人の白衣さんの言い争いは続いた。


「それ脱いだら、同じぐらいの背じゃないか。」

「うるさいよ!人が気にしてることを!
 あと、ミユって呼ぶな!」

「背のこと言いだしたのお前だろうが。
 あと、キョウって呼ぶんじゃない。」

「そっちが呼ばなければ言わないよ!」

「それはコッチの台詞だ。」

「む~!」


所々、


「コレを持ちだすとはどういうつもりだ?」

「僕知らないよ。」

「どうせ、裏で糸を引いているのは教授だろう?」

「なんのことかなぁ?」


と、よくわからない内容もあったけど、
どうやらお友達同士のちょっとしたケンカのような感じで…、


放っておいても大丈夫、だよね?


私は扉まで移動し、2人に背を向けた。


そう。

スッカリ忘れてたけど、
今日は大事な入学式の日!

今から行くと式の途中になるけど、
式を丸々すっぽかすよりは良いに決まってる。


音をたてないように
慎重にドアノブを回した。

何となく、
ホントに何となくだけど、
声をかけずに出て行くのが正解のような気がして
無言のまま一歩外に出る。


「待て。」
「待ってよ。」


…二歩目はありませんでしたけど。




TOKYOヤマノテBOYSTOKYOヤマノテBOYS

薄桜鬼 遊戯録 バナー1 薄桜鬼 遊戯録 バナー2

大和彼氏応援中!



関連記事
スポンサーサイト

新キャラさんですねwなんか面白い人みたいで楽しみです。海くんは1回休みのところにコマが止まったのでしょうか?
by: 水聖 * 2011/06/22 10:50 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: タイトルなし>水聖さま
結局、休止宣言となってしまいました。
桃を桃男に変えて、一から書きたいぐらいなんだけど。
…ん?
それ、いいかも(笑)
by: OH林檎@おりん@長州ユーリ * 2011/10/22 11:05 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。