スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

出会いはサイテー、サイアクで…6

教室に入った優太くんは
何もかもを吹き飛ばすような
元気いっぱいの声で、


「僕の名前は中村優太。
 こっちのちっちゃい子は
 白石桃ちゃん。
 僕は女の子を大切にする男だから、
 迷子になってた子猫ちゃんを
 エスコートしてきましたー♪」


そう言って、
ピースサインを両手で作った。

屈託のない笑顔と
大胆な言い訳に
どこからともなく
クスクスと笑いが起こる。

でも、
担任と思われる壇上の先生に、


「白石さんは
 迷子で遅刻っていうのはわかったけれど、
 その迷子とそこで会うってことは、
 あなたは完全に遅刻してたのね、中村君?」


と透かさず指摘され、


「あは♪バレちゃいました?」


舌をぺろりと出して、照れ笑い。

これには
さすがの先生までも破顔した。

こんなキュートな笑顔を見せられたら、
鬼ヶ島の鬼だって
戦わずして降参しちゃうと思う。

お陰で、
遅刻のお小言は
ほんのちょっぴりで済んでしまった。




誰もが緊張する入学式の日。

このクラスは
笑顔で溢れていた。

優太くんを中心にして。


「桃ちゃん、ヨロシクね!」

「桃ちゃん、入学早々大変だったね(笑)」


私にもどんどん声がかけられる。


「うん。こちらこそ、ヨロシクね!」

「どうもありがとう!」


私もどんどん返事をする。

そしていつの間にか、
笑顔の輪の中に入っていた。


 ―僕に任せて。
  大丈夫。悪いようにしない。―


教室に入る前、
優太くんがかけてくれた言葉。

まさかここまで
“良い”ようになるなんて…。

振り返って
優太くんの席の方を見ると
視線に気付いたのか
ニッコリと笑ってくれた。

私は優太くんの瞳に向かって
唇だけで「ありがとう」と伝える。

できるかぎりの笑顔とともに…。

そのお返しは
誰もが蕩けるようなウインクだった。








「ふぅ。
 まだまだ、順番来そうにないね…。」

「うん。」

「先にお昼にすれば良かったぁ。」

「はは、そうだね。」


入学式とオリエンテーションで
短大初日は終了。

愛未と私はその足で、
授業で使う教科書や参考書を買いに
指定の書店に来ていた。

授業が始まる明後日までに
揃えておかなくてはならない為、
指定の書店―多治見書房―の店内は
聖マリアンヌの生徒で溢れていた。


「まぁ、良かったじゃん。
 遅刻すれども怒られず、
 イケメンまで釣り上げたんだから。」


教科書販売用の仮設レジの列に並びながら、
優太くんとの出会いや
教室での出来事を愛未に話したら、
身も蓋も無いようなひと言が返ってきた。


「釣り上げたってっっ!言い方ひどい!」

「私は褒めてんの。
 桃にしては良くやったってね。
 だってさ、短大内で
 男子、しかも、イケメンと友達になれる確率って
 相当低いと思うよ。」

「優太くんはクラス全員と友達になったの!
 みんなに優しいの!」

「…そんなにムキになんなくても。
 逆に怪しいって。
 もしかして、惚れた?」

「っっ!?」


余りにも唐突な質問に
一瞬で耳まで赤くなる。

取り敢えず否定しなきゃと
口を開きかけた時、
さらに信じられない質問が…。


「ん?そうなの?好きになっちゃった?」


それはいつの間にかすぐ後ろにいた
優太くんからのものだった。




TOKYOヤマノテBOYSTOKYOヤマノテBOYS

薄桜鬼 遊戯録 バナー1 薄桜鬼 遊戯録 バナー2

大和彼氏応援中!

関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。