スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

若葉のころ02

翌日から通常の授業が始まり、
浮足立っていた毎日も
忙しくも落ち着いた日々に変わっていった。

教科書が詰まったバッグの中には
当たり前のように緑色のカメラが納まっている。




「カメラ、気に入ってくれたみたいだね。」

優太くんは
アイスティーをぐるぐるとかき混ぜながら嬉しそうに言った。

「うん♪写真撮るのがこんなに楽しいとは思わなかった!」

誕生日から事あるごとにカメラを取り出しパシャっっとしてる。
(めちゃめちゃぎこちないけど!)

「わからないことがあったら、すぐ聞いてね。」

「うん♪」

「メモリーいっぱいになってない?写真は消去してる?」

「メモリー?消去?」

「…(やっぱり)」




それから昼休みは急遽、
デジカメ使い方説明会に…。

「ごめんね。最初にちゃんと説明しとけばよかったね。
 そのメモリーカードは4GBあるから、簡単にはいっぱいにならないと思うけど…。
 説明書は無くしちゃってるから、ダウンロードして明日持ってくるからさ。」

「ヨンギガバイト?ダウンロード?」

「…(しまった)」


優太くんは時々意味不明な言葉を使います(涙)


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。