スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

出会いは、やわらかく、あたたかく…4

私は…
男の人が苦手。

特に
同じくらいの年の男の子が。

たとえ、
相手に悪意が無かったとしても、
側に寄られると身がすくみ、
話しかけられると言葉に詰まる。

それが、


「信じられない…」


そんな私が
男の人に手を引かれてるなんて。

しかも、


「2回もあるなんて…」


18年間で一度も無かったことが
同じ日に続けて起こる。

これって…


「運命、かもね♪」

「―――っっ!?」


小さなひとり言に答えが返ってきて、
私は耳まで赤くなるのを感じた。

でも、当の本人は
さっきと変わらない笑顔のまま。


そういうこと、
女の子に言い慣れてるのかな?

愛未も言ってたけど、
すっごくモテそうだし…。


「…。」


茶色の髪が陽に透けて
きらきら輝いていた。

その輝きと逆行するかのように、
私の心は不安で陰っていく。

愛未が心配していたことが、
現実になってしまうかも…。

経験からくる恐怖は
じわじわと広がっていった。




「さぁ、着いた!
 ここが食物学科の教室だよ。」


廊下の端で、優太くんが言った。


「桃ちゃんは白石だからAクラスだよね?」

「う…うん。」

「ふふ。良かった♪」

「え?」

「さぁ、入ろっか!」

「ええっっ!?」

「最初が肝心だから、
 一発、やっっちゃうよぉ♪」

「な、なに言って…―――」


優太くんは私に
ぱちっと一回ウインクをして、
教室に入ろうとする。


「ちょ、ちょっっと待って!
 ここでいいですからっっ!
 中まではいいですからっっ!」

「ん?」

「送って頂いてありがとうございました。
 も、もう、大丈夫ですから―――…」

「そ?
 それは良かった。
 でもさ、
 僕もこのクラスなの。」

「へ?」

「だから…」


優太くんは何だかとっても嬉しそうな顔で
教室の扉を開けた。




う、うそ!?
同じクラス?
あ、中村だから。
って、そこじゃ無くて、
いや、そこも気になるけど、
手!
手!
握ったままだから――――っっ!




と、言いたいのに、
ひと言も発することのできない私は
口をパクパクさせながら
優太くんに後ろに立っていた。

否応無しに
クラス中の視線が集まってくる。

それは、
好奇と嫉妬の入り混じった視線。

すると優太くんは
何もかもを吹き飛ばすような
元気いっぱいの声で、


「僕の名前は中村優太。
 こっちのちっちゃい子は
 この学校で出来た一番目の友達、
 白石桃ちゃん。
 僕は友達を大切にする男だから、
 迷子になってた子猫ちゃんを
 エスコートしてきましたー♪」


と言って、
繋いだ手を高々と上げた。

その屈託のない笑顔に
どこからともなく
クスクスと笑いが起こる。

そしてさらに、


「2番目の友達も、
 3番目の友達も募集中だから、
 ヨロシクねーーー♪」


そう、
とびっきりキュートな笑顔を
クラス全員に振り撒いた。

途端に
さっきまでの射すような視線が
柔らかいものに変わる。

壇上に立っている、
恐らくクラス担任の先生までも
破顔している。

お陰で、
遅刻のお小言は
ほんのちょっぴりで済んでしまった。




私は前から3番目の中央の席、
優太くんは一番後ろの窓際の席。

それぞれの席に向かって歩き出し、
優太くんの手も離れていった。


「これからよろしく、桃ちゃん。」


耳元に
優しい囁きを残して…。




誰もが緊張する入学式の日。

このクラスは
笑顔で溢れていた。

優太くんを中心にして。


「桃ちゃん、ヨロシクね!」

「桃ちゃん、入学早々大変だったね(笑)」


私にもどんどん声がかけられる。


「うん。こちらこそ、ヨロシクね!」

「どうもありがとう!」


私もどんどん返事をする。

そしていつの間にか、
笑顔の輪の中に入っていた。




あの言葉…


「2番目の友達も、
 3番目の友達も募集中だから、
 ヨロシクね♪」


あれはきっと、
私に気を使ってくれたんだ…。


振り返って
優太くんの席の方を見ると
優太くんも私を見ていたのか
ごく自然に目が合った。


胸がドクンと大きな音を立てて、
思わず逸らしそうになったけれど、
どうしても…


私は優太くんの瞳に向かって
唇だけで「ありがとう」と言う。

できるかぎりの笑顔とともに…。

優太くんはなぜか
びくっと驚いた顔をしたけれど、
それはほんの一瞬で
すぐにとびきりの笑顔と
ウインクを返してくれた。




TOKYOヤマノテBOYSTOKYOヤマノテBOYS

薄桜鬼 遊戯録 バナー1 薄桜鬼 遊戯録 バナー2

大和彼氏応援中!

関連記事
スポンサーサイト

優太の行為は罪だよな~。
本人、自覚してないんでしょうね。。。
by: narinari * 2011/05/31 08:49 * URL [ 編集] | TOP↑

こんばんわ☆
改めて思いましたが、優太プードルはナチュラルで罪な男ですねーw
好きになった女の子が逆に可哀想だぜ><

これで優太プードルがブサイクだったなら、また人生違ったんだろうなぁ(笑)
by: ボブ * 2011/05/31 23:52 * URL [ 編集] | TOP↑


優太君が可愛すぎて生きるのが辛いですorz
くっ優太君のウィンクなんて私もほすぃ!!!
by: びたみん * 2011/06/01 01:06 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: タイトルなし>narinariさま
> 優太の行為は罪だよな~。
そうだ!そうだ!

> 本人、自覚してないんでしょうね。。。
どうでしょう。
意外と腹黒計算だったりw(いひひ)
by: OH林檎@おりん * 2011/06/01 01:12 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: こんばんわ☆>ボブさま
おひさしぶりです!
コメントありがとうございます!!!

> 改めて思いましたが、優太プードルはナチュラルで罪な男ですねーw
> 好きになった女の子が逆に可哀想だぜ><
確かにw
これで好きにならない訳は無いっっ!

> これで優太プードルがブサイクだったなら、また人生違ったんだろうなぁ(笑)
ブサイク…。
優太がブサイク…。
すっごい萎えます(涙)
by: OH林檎@おりん * 2011/06/01 02:11 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: タイトルなし>びたみんさま
> 優太君が可愛すぎて生きるのが辛いですorz
生きてーーーーー!
がんばって、生きてーーーーー!!!

> くっ優太君のウィンクなんて私もほすぃ!!!
私にびたみんさんの1割程度でも画力が有れば
優太ウィンクを描いてぇ、
部屋に貼ってぇ、
舐めるように眺めてぇ、
そのあとは…( ̄m ̄〃)
by: OH林檎@おりん * 2011/06/01 02:17 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。