スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

出会いは危険な大人の香り…1

パンフレットで見るより
何倍も凄い…。




その見事な桜並木に圧倒されて、
私は口をぽかんと開けたまま
ただ上を見上げていた。

左右から伸びた枝枝で
空さえも見えない。

見えるのは
桃色の世界…。




今朝、
制服のタイが上手く結べずに
出かけるのが随分遅れてしまった。

おそらく、
入学式が行われる聖堂は
この並木道の先にある。

前にも後ろにも誰もいない。

もうすぐ式が始まる時間なんだから
それって当り前で、
私も急ぐべきなんだけど…
なぜか動けずにいた。




春の風が花びらを揺らし、
私の体に次々と桃色を落とす。

染まっていく身体に
まるで自分も
この風景の一部になったような
そんな錯覚を覚えた。

目を閉じ、
深呼吸をする。

桜の花には
ほとんど香りが無いと
聞いたことがあったけれど、
こうして深く吸い込むと、
かすかな淡い香りがした。

何度目かの深呼吸をしたところでふと、
頬に当たる風が
止んでいる事に気付く。

そっと目を開けると、
舞い落ちていた花びらも
ぴたりと動きを止めていた。

違和感に再び見上げると、
一片の小さな花びらが
ゆっくりゆっくり
落ちてくるのが見えた。


「あ!」


私は条件反射のように手を伸ばし、
両の掌を上に向け、
到着を待つ。

ふわり

微かだが
掌に感触があった。


「や、やった~♪」


花びらを確認するため
挙げていた手を胸の高さまで降ろした途端、


ビュゥーーーー!


再び強い風が起こり、
私の手から逃れるようにひとひらが舞った。


ひらり、ひらり…


風に乗って
軽やかに踊る薄桃色の花びら。

不思議と他の花びらたちと
見分けがつく。


ひらり、ひらり…

ひらり、ひらり…


その動きは
とても可憐で優雅で、
捕まえてしまうのが惜しい気すら…。

私はうっとりと行方を追った。


ひらり、ひらり…

ひら…


あ、あれ?見失っちゃった?

さっきまで
あんなにはっきり見えていたのに。




「う゛っっ―――」




う゛?




「くそ、忌々しい花びらどもめ!」




え?




花びらを見失った方向から
明らかに不機嫌そうな声が…。

恐る恐る歩いていくと、
一際大きな桜の木にもたれたまま
咥え煙草を燻らせている男性の姿があった。


白衣?お医者さまかな?


と思ったのは、
この学校の敷地内に
大学病院が併設されているから。


そ、それにしても…


長身のスラリとした体躯に
風に流れる黒髪。

銀色の眼鏡の奥には
レンズ一枚では隠しきれない
圧倒的な魅力を放つ
切れ長の瞳が潜んでいた。


なんて、きれいな人…。

同じ世界に存在してるとは
思えないぐらい…。

でも…、


「花びら…ついています。」


そう、
煙草を咥えた方の反対側、
―私から見える―左側の口の端に
薄桃色の花びらが…。


「…わかってる。」


わかってる?

なら、
どうして取らないの?


「おい、お前。
 じっと見てないで、取れ、これを。」

「は…ぃ?」


私に言ってる…んだよね?


「…聞こえないのか。」


低音の良く響く声が
さらにトーンを下げた。


「い、いえっっ!
 聞こえてますっっ!!!」

「なら、早くしろっっ(怒)」

「は、はい!!!」


激しく促され、
体を無理やり動かしたものの…


ああ、今、
手と足が一緒に出てるよね(汗)


味わったことのない緊張感に
自分が自分じゃないみたいな変な感覚。

ギクシャクしながらもなんとか
その人の正面に回り込んだ。


う、うわっっ…


機嫌悪そうに伏せられた瞳の下に
長い睫毛が影を落として…

恋愛経験ゼロの私にだってわかる。

大人の色気っていうものが
出過ぎてるんだ…。


ど、どうしよう。

唇のアレ取るなんて、無理だよぉ!

今でこそ、
ドキがムネムネなのにっっ!!!


「ああ…くそ。落ちちまう。
 お前、こっちが先だ。
 胸ポケットから灰皿出せ。」

「!?」

「早くしろっっ!!!」

「は、はいぃーーー!」


もぉーーーー、
どうにでもなっちゃえぇ!


私は意を決して、
白衣の胸ポケットに手を入れた。 




TOKYOヤマノテBOYSTOKYOヤマノテBOYS

薄桜鬼 遊戯録 バナー1 薄桜鬼 遊戯録 バナー2

大和彼氏応援中!

関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。