スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誕生日の奇跡133

「手術は上手くいったの。
 でも、心は戻らなかった。
 切り取られたおっぱいとともに
 あなたを失ってしまったと思ったから…。
 
 前も見えないぐらい暗く深い闇…。
 きっと海も彷徨ってる。
 私のせいで…。
 大事な弟を闇に突き落とした最低の人間…。
 そんな人間に人を育てる資格は無い。

 そう自分を責めて、
 とうとうあの子が抱けなくなった。」

「そ…んな…。」

「無邪気に笑うあの子を見る度にね、
 幼い頃のあなたの顔と重なるの。
 それがいつの間にか、
 あの日の“絶望”の顔に変わって…。

 結局、私は
 退院できるぐらい胸の傷が癒えた頃、
 あの子からも夫からも離れて、
 心を治療する病院に転院したの。

 そこから、
 海に手紙を出し、
 桃ちゃんからの手紙を受け取った…。」

「え!?」


あれは病院からの…?


「でも姉さん、差出人の住所は…」

「もちろん、“自宅”にしたわよ。
 入院してること知られたくなかったもの。
 海はそういうとこに敏感だから。
 昔から、名探偵みたいだったもんね。」

「あー!!!やっぱり、英ちゃん?」


重苦しい空気の中で
お母さんの声が宙に浮く。


「お、お母さんっっ!」

「ご、ごめんなさい…。」


さすがに場違いな発言だと気付いたのか、
肩をすぼめて小さくなる。

でも、
月香さんはクスッと笑って、


「そう。英ちゃんみたいだったんです。
 私が無くしたものを推理で見つけたり…。
 ミニ船越英一郎さんだったんですよぉ(笑)」


と、話に乗ってくれた。

お母さんは嬉しそうに、


「月香さん、英ちゃんファンなの?」


なんて質問してる。
(調子に乗り過ぎ!)




優しい人…。

だから自分を
責めて、
責めて…。

先輩が自分を
責め続けていたように…。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



関連記事
スポンサーサイト
こんばんわ☆
お久し振りですー^^
いやー約20話分は、凄い読み応えがありましたw

もう皆家族みたいな微笑ましい関係になってますね><
ここまで自分の心の内をさらけ出せる桃ちゃんや部長さんが
羨ましい限りです@@

後は、優太プードルに愛実ちゃんかぁ、、^^

by: ボブ * 2010/12/09 21:50 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: こんばんわ☆>ボブさま
> お久し振りですー^^
> いやー約20話分は、凄い読み応えがありましたw
訪問+コメントありがとうございます!
20話一気読みお疲れさまでした(爆)

> もう皆家族みたいな微笑ましい関係になってますね><
> ここまで自分の心の内をさらけ出せる桃ちゃんや部長さんが
> 羨ましい限りです@@
そうですねぇwww
ホント、さらけ出してますねwww
ママの店という場所がそうさせてるのかも知れません。
ここは、昔通ってたアットホームな居酒屋をイメージして書いてます。
突然閉店してしまったんですが、一生忘れられない場所なんです。

> 後は、優太プードルに愛実ちゃんかぁ、、^^
優太も愛未も
実は深い闇を抱ええます。
それはなかなか解消できないかも…。

余談ですが、試験お疲れさまでした。
広島にいらしてたんですねぇ。
by: OH林檎@おりん * 2010/12/11 11:53 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。