スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誕生日の奇跡+海with愛未

「先に謝っとく。
 今日、桃ちゃんを送ってくつもりが
 長話に付き合わせちゃったんだ。
 それで、あの事態に遭遇した。」

「ふーーーん。
 まっ、いいんじゃない?
 桃も元気そうだったし。
 で?何の話?
 おもしろい話なら聞かせてよ。」

「…おもしろくはない。多分。」

「なら、いい。」


ママの店を出て、駅までの道を2人で歩く。

この、ふたつ年下の北川愛未は
俺に敬語というものを使わない。

最初は腹が立ったけど、
今では何も感じなくなった。


「ところで愛未。例の吉報は?」

「明日報告するって言ったじゃん。」

「そうだけど…、気になる。」

「今、作業中。
 結果は明日学校に来ればわかる。
 説明もちゃんとする。」


前言撤回。

やっぱり、もう少し先輩を敬え!


勘の鋭い隣の女は
俺のムッとした気分を察してるはずなのに、
お構い無しに歩みを進める。

強えー女。

儚げな桃ちゃんとは正反対だな。


「ねぇ。さっきの話なんだけど。」

「…」

「ねぇ?無視ってんじゃないわよ(怒)」


結局、俺が折れるんだよなぁ。

聞えよがしにため息をついて、
愛未の話に乗ってやる。


「…なんだよ。」

「佐伯教授の話よ。
 あんた、気にならない?」

「気になってるよ。かなりね。」

「洋子ママは100%イイ人だからねー。
 教授に確認なんて…」

「しないよ。1ミリも考えないよ、そんなこと。」

「だよね。
 私なら、速攻してるんだけど。」

「俺も(笑)」

「で、イタズラってわかっておしまいみたいな。」

「そうそう。」


嫌々、受け応えしてやるつもりが
いつの間にか本気の会話になる。


「なんで、佐伯教授なんだろ…。」

「だよな。そこが気になるんだ。
 紹介は嘘でも、
 知り合いではあるのかも知れないな。」

「うん。」


こういう所に疑問を持つところ…、
視点が似てるんだ、こいつとは。


「明日、本人に聞いてみるか?」

「そうねぇ。それも手だけど…。
 恐らく明日には教授の耳に入ると思う。」

「は?誰経由で?」

「桃。」

「はぁ!?」

「正確に言うと、
 桃→ある人物→佐伯教授なんだけど。」

「…ちょっと待て。
 俺、わかっちゃったかも。」

「へぇ。やるわね。」

「まぁね。」


愛未は
なんだか嬉しそうに目を細める。

その瞳は

“さすが私の選んだヤツ”

って言ってる気が…。


ん?

まてよ。

それって、自分を褒めてるんじゃん!


月を見上げ、長い髪を揺らす。

黙ってればきっと、
イイ女なんだろうけどな。


自信過剰で
女のくせに俺様なヤツ。

でも、
…嫌いじゃない。

嫌いじゃないんだ。


「さすが、愛未様だな。」


今日は特別に持ち上げてやるか。

良い夜にしてくれた
ご褒美ってことで。


愛未は立ち止まり、
月から俺に視線を移す。

そして、
満足げに微笑んだ。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト
NoTitle
「嫌いじゃない」ってことは、好きなんですね。
強引に誘引www
なにげに美男美女だったりしますしねえ、この二人。
by: 水聖 * 2010/10/26 14:45 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: NoTitle>水聖さま
> 「嫌いじゃない」ってことは、好きなんですね。
> 強引に誘引www
強引に誘い込まれちゃいましたけど、正解だと思います(笑)

> なにげに美男美女だったりしますしねえ、この二人。
ですね。
私の脳内イメージでは
愛未は黒木メイサ、海は柏原崇。
ちょっと年が離れてますけど(汗)
by: OH林檎@おりん * 2010/10/27 11:44 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。