スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誕生日の奇跡86

「友達になってくれたばかりの君に
 こんなことを頼むのは
 どうかと思うんだけど…。」


足元に視線を落とした先輩の決心が
わずかに揺れているのがわかった。


前に踏み出そうとしている先輩を
止めちゃダメだ!

大切な手紙…。

もしかしてこれは
先輩とお姉さんにとって、
閉ざされた扉の鍵なのかも知れない。

私に何が出来るのかわからないけど…。


「先輩!私、預かります!!!」


そう言って、
両手で手紙を受け取る。

先輩は一瞬驚いた顔を見せたけど、
直ぐにホッとしたように笑った。


「うん。ありがと。
 読んでも
 読まなくても
 構わないから。
 君に…任せるよ。」


“君に任せる”


その言葉の重さに改めて緊張が襲う。

でも、
先輩の…
本物の笑顔が見たいから。








「先輩、寄っていきませんか?」


ママの店の前で誘ってみた。

疲れた顔してる先輩に
何か美味しいもの作ってあげたい。


「ああ…うん…。」


迷ってる風な先輩。


「今日は…」

「桃ちゃん、
 ちょっと、ちょっとっっ!」

たぶん、“やめとく”って
言おうとした先輩の言葉を遮って、
隣の果物屋さんの奥さんが呼びかけてきた。

しかも、辺りに聞こえないように小声で…。

急に訪れた緊迫感にドキドキしながら、
果物屋さんに入っていく。




「ど、どうかしたんですか?」

「あら、彼氏?
 かっこいいじゃない♪」


奥さんは私に付いてきた先輩を見て、
いきなりの爆弾発言。

オタオタと慌てる私の代わりに先輩が、


「残念ながら、友人です。」


…なんだかビミョーな返事をした。

紳士的な笑顔に頬を染めながら、


「いいわね。青春ね。」


と、うっとり先輩を見つめる奥さん。


「あ…の、話があったんですよね?」


先輩は色っぽい視線に後ずさりしながら、
話の進行を促した。


「あ、そうそう。さっきね。
 黒塗りのおっきい車がそこにどっかり停まってさぁ。」


そう指さした先はママの店の真ん前。


「こんな細い道に非常識でしょ?
 長い間停めるんだったら文句言ってやろうと
 ずっと見てたわけっっ!
 そしたらさ、運転してる男が
 あんたの店をじーーーっと観察してんのよ。
 ストーカーとかだったら問題でしょ?
 だから、顔見てやろうと前に回り込んだら
 慌てて走り出したのー。」

「顔、見たんですか?」

「ううん。サングラスしててね。
 でも、後ろにも誰か乗ってるような感じだった。
 スモーク貼ってて、よくは見えなかったけどさ。」


黒塗りの大きな車…

2人ともその車に覚えがあった。




奥さんにお礼を言って店を出ると、


「桃ちゃん、やっぱりお邪魔するよ。」


と、先輩はママの店のドアを開けた。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト
NoTitle
最近もう、先が知りたくて明日が待ち遠しい日がずっと続いてます。先輩のせつない話から一転。緊張感漂う展開に。引きがすごくうまいですね。
by: 水聖 * 2010/10/21 16:08 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: NoTitle>水聖さま
> 最近もう、先が知りたくて明日が待ち遠しい日がずっと続いてます。
先輩のせつない話から一転。緊張感漂う展開に。引きがすごくうまいですね。
待ち遠しいだなんて、なんて嬉しいお言葉っっ!!!
こんなにダラダラと書いていては、その内飽きられてしまうよぉ(汗)
と、毎日戦々恐々としているのに…(←実話)
”引き”についてもお言葉を頂きましたが、正直よく分からずやってます。
引いているのか、押しているのか、全く無意識でございます。
基本のキの字もないもんで、行き当たりばったりの更新です。
そんな文を読んでいただけて本当に幸せです。
by: OH林檎@おりん * 2010/10/22 18:36 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。