スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

はじめての…4.75

「何だ?入部希望者か?」

折角の入部希望者だというのに
肝心の部員はいないらしい。

「他の奴らは帰ったのか…。相変わらず、熱意が無いな。」

新入部員が入ろうと入るまいとどうでもいいのか?

ブースがたてられるのは、
今日と明日の二日しかないというのに…。

「入部はかまわないが、存続も危ぶまれてるような部だぞ。」

こんな部じゃ入る生徒も迷惑だとそんな言葉が出た。

「…。」

返事が無い。

「おい。聞いてるのか?」

一人でしゃべっている空間がたまらず
女生徒の顔をのぞきこむと
頬に涙が伝わっていた。

「…お前、泣いてるのか?」

この生徒、どこかで…

「わ…たし…、やっ…ぱり…泣い…てます…か?」

幼さが残る顔でそう言った。

そうだ。

昨日の遅刻の元凶だ。

彼女は声も出さずに
ただ、涙を流していた。

「そうだな。その顔は笑ってる顔じゃない。」

昨日の事もあり
なんとなく軽口をたたいた。

そして、自分でも驚くほど自然に
手のひらで涙をぬぐっていた。

「なっっ!?」

彼女はびっくりして青くなった。

「昨日は笑ってたのに、今日は泣いてる。
入学早々、忙しいヤツだ。」

「あっ!昨日の?」

俺と認識した途端、
涙で濡れた頬が
桃色に染まっていく…。

青くなったり
赤くなったり
大変だな。

妙に感心しながら
彼女の後ろに視線を移すと

イーゼルに置かれた1枚の写真パネルが…。




!!!!!

なぜ、これがここに!?




あるはずのない写真がそこにあった。

押し寄せる記憶の波に
立っているのも苦しくなる…。

「これをみて泣いたのか?」

彼女にそう問いかけることで自分を保とうとしていた。

「え~っと。よく、わかりません。なんだか自然と…。」

「そうか…。」

そう言うのがやっとだった。

落ち着くどころか
彼女のその答えが俺をますます追い詰めていく。

パネルとイーゼルを抱え
教室を去ろうとした時、

「あ、あの…。」

小さな声がした。

そうだ、入部希望者だったな。

「明日また来るといい。部長に言っておくから。」

「いえ…あの…私は…。」

何か言いたそうだったが
早くこの場から消えたかった。




彼女のあのまっすぐな瞳…




あれはあの時の…




「二人目だな。これをみて泣いたのは…。」








屋上に上がり、
煙草に火をつける…。


空はいつの間にか
夜の闇に浸食されていた。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト
なんだか・・・
ダメかも。

既にいけない妄想をして
痺れている自分が・・・・e-349
by: narinari * 2010/04/17 20:35 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: なんだか・・・>narinariさま
> 既にいけない妄想…
なんでしょ?なんでしょ?
いけない妄想ってv-398
正直、先を迷ってまして…。
いけない道を進むか、真っ当な道を進むか。
(いけない道=Hアリな道)(真っ当な道=Hナシな道)
個人的にはいけない道の方が好みなんですけどねぇ。
by: OH林檎 * 2010/04/17 23:44 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。