スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誕生日の奇跡30

私がまたまた
ほっこり落ち着いてきたところで、
先生が話し出した。

「小森先生の授業は休講だ。」

「休講…ですか。」

「理由は
 お前のナイトに聞いてみるといい。」

ナイト…

優太くんのことを言ってるのかな?

さっき教室に来た時の
小森先生の硬い表情を思い出す。

まだ、事情聴取されてるんだろうか…。

私がこうして
幸せな時間を過ごしてる間に
優太くんに“何か”が
起きているのかも知れない…。

急に
呑気な自分を腹立たしく感じた。

「心配か?」

「は…い。大切な友達なので。」

「友達…。」

「友達…ですけど?」

「…。」

私の心を探るように
じっとみつめる先生…。


な、なに?


まっすぐ向けられる視線を外すこともできずに
全身が赤くなる。

やがて
納得したように頷きながら、

「…そうだろうな。色気の欠片も無いし。」

と、真面目な顔で
多分すっごく失礼なことを言った。

「あの…もしかして、
 いま私、バカにされました?」

「ん?そう聞こえたか?」

「はい…。聞き間違いじゃなければ…。」

「そうか。」

そうかじゃなくって、
私、怒ってるんですけど!

ほっぺをこれでもかってほど膨らませて、
精一杯アピールする。

「褒めたつもりだったんだけどな。」

「え?」

「今どき珍しい、本物の…」

ほんものの?

「処女だって。」

「!」

「当たりだろ?」

「!!!!!!!!!」

先生の…

先生の…

先生の…

バカーーーーーーーーー!!!!!!


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト
NoTitle
せんせーい!!
いや、言葉攻めハンパないです。
by: 水聖 * 2010/08/26 13:49 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: NoTitle>水聖さま
> せんせーい!!
> いや、言葉攻めハンパないです。
こういう場面書く時が、一番楽しいです。
という訳で、ダラダラ継続(笑)
by: OH林檎 * 2010/08/27 19:24 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。