スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誕生日の奇跡20

お店に3人で向かう途中、
優太くんのバイト先の前を通り過ぎた。

「優太、来なかったな…。」

先輩が淋しそうにつぶやく。

「そうですね…。
 何だか、深刻そうだったから…。」

「人が良すぎるよ、優太は。」

携帯を触りながら愛未が言った。

朝も放課後も
多分、休日も…
誰かしらの相談に乗っている優太くん。

カフェを開きたいのも
「女の子を笑顔にできる場所を作りたいから」
って言ってた。

でも、知ってるよ。

女の子だけじゃない。

優太くんは誰にでも優しい。

だからこそ、
みんなの想いをいっぱい背負い込んで…。




「これで、よし!」

突然、愛未が立ち止まり、
先輩と私に携帯を見せる。

そこには、

  『ママの店に集合されたし。』

という、あっさりしたメールの文面が。

「誘っといたから。」

にっと笑う愛未に
携帯を取り出し、
照れくさそうに見せる先輩。

「実は俺も…。」

  『☆愛しの優太さま☆
   ママの店で待ってるよヽ(○´3`)ノ チュゥゥゥ』

絵文字たっぷりの乙女な文面(笑)

でも、実は…

「あの…ね」

「え?」

「まさか、桃も?」

「うん…。」

おずおずと携帯を取り出し、
メールの画面を開いた。

  『今日、お店に
   海先輩と愛未が来てくれることになりました。
   優太くんも来てくれると嬉しいな♪
   あっ!でも、無理しなくてもいいよ!』

それを見た海先輩は、
なぜかお腹を抱えて大爆笑。

「え?どこか、変ですか?」

「…いやっ!ごめん!なんかさぁ、君らしい文面で」

…フツーなんですけど、これ(涙)

「それより、あんたのチュウは無いよ。
 優太、来なかったらソレのせいだ。」

先輩の携帯を指さし、少し怒った顔を作る愛未。

でも、すぐに笑い出す。

「かわいすぎるだろ!字もピンクって!!!」

「う、うるさいっっ!
 お前のなんか、
 おっさんのメールみたいじゃないかっっ!!!」

私は、漫才のような
“本気じゃない言い合い”を見ながら
心の底から嬉しくなった。

こんなにも人に想われる優太くんと
そして、
目の前のこの2人と
友達になれたことが…。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト
NoTitle
海くん!
ゲイ部長からバイ部長に昇進ですか!
メールの文面がっっっっ!!(大笑)
by: いき♂ * 2010/08/17 12:36 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: NoTitle>いき♂さま
いつも、コメントありがとうございます!

> 海くん!
> ゲイ部長からバイ部長に昇進ですか!
本人はあくまでも”優太一筋”と言っておりますが…。

> メールの文面がっっっっ!!(大笑)
正直、
3人の性格を表すのに苦労しました(汗)
by: OH林檎 * 2010/08/18 11:12 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。