スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誕生日の奇跡10

「「「…」」」

部室を包む沈黙…。

やっぱり…

「無理かなぁ…。」

がっかりした感じが
思いっきり声に出てしまって、

「そんなことないよ。出来るよ。」

「うん。それ、かわいいっっ!
 すっごく桃っぽい(笑)」

すかさず優太くんと愛未がフォローを入れてくれた。

でも…

「そんな手間かける時間あんのか?」

先輩のひと言で
フォロー隊、再び沈黙…。

「写真見たら結構なメニュー数ありそうだし、
 大体、メニューっていうのは1冊じゃ意味無いだろ?
 現実見ろ、現実を!」

「…はい。」

先輩の言う通りだ。

お母さんの誕生日まで、あと一週間。

1頁1頁こんなに手間をかけたものを
何冊もなんて…。

ちょっと考えればわかることなのに。

浅はかな自分に腹が立った。

「ちょっとーーー!
 あんた、言い過ぎよっっ!」

「いいの、愛未。」

先輩に噛みつく愛未をそっと制して、

「ごめんなさい。
 みんな私のためにここに来てくれてるのに。
 ちゃんと…出来るものを考えるから。」

そう、頭を下げた。




顔を上げると
優太くんと愛未の優しい笑顔と
なぜか先輩の不思議そうな顔…。

「先輩?どうかした?」

優太くんが声をかけると、

「い、いや…。ちょっと意外で…。」

なんだか歯切れが悪い。

「なにが意外なのよっっ!!!」

イライラと聞き返す愛未。

でも、
そんな愛未の声は耳に入って無いようで
私をしばらくじっと見つめると、
聞こえるか聞こえないかぐらいの小さな声で
こう言った。




「女って
 わがままで
 我が強くて
 謝るなんてしない生き物だと思ってた…。」




そのひと言に
優太くんは微笑み、
愛未は憤慨し、
私は…
意味がわからず首をかしげた。


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
関連記事
スポンサーサイト
NoTitle
なに?
先輩も桃ちゃんにLOVE、とか?
天然で素直でかわいい桃ちゃんには誰も勝てませんね。
by: 水聖 * 2010/08/06 15:34 * URL [ 編集] | TOP↑

Re: NoTitle>水聖さま
> なに?
> 先輩も桃ちゃんにLOVE、とか?
どうでしょう…
嗜好はなかなか変えられないですからねぇ。
今から更新する話で先輩の心がわかるかも!?
(ヘタクソな予告…)

> 天然で素直でかわいい桃ちゃんには誰も勝てませんね。
素直って大切ですよねぇ。
この年になると何事も否定から始まりますから(笑)
by: OH林檎 * 2010/08/07 11:34 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。