FC2ブログ

広がる世界6.50

「18年か…。」


俺の前にコーヒーを置いた教授は
窓の外を眺めながら言った。




18年という歳月。

長いのか…
短いのか…

あの時から俺の時間は止まったままだ。




「もういいんじゃないのか?」


教授はコーヒーを一口飲んで
血糖値が気になるんだがな…
とブツブツ言いながら砂糖を入れた。


「私も年をとった。
 そして君もだ、二ノ宮くん。
 いつまでも若くない。
 そろそろ自分の人生を歩んだらどうだ?」

「…おっしゃっている意味がわかりませんが。」

「いや。わかっているはずだ。」

「…。」




あの写真を置いた意味は?

その言葉と一緒に
コーヒーをゆっくりと飲みこむ。




意味は…




そういうことなのだろう…。





廊下で生徒の声がする。


「久しぶりに昼飯どうかね?」


そんな時間か…。


「またにします。あまり食欲が無いもので…。」

「研究もほどほどにしたまえよ。
 結果を急ぐと、ろくなことが無い。
 授業も写真部も息抜きと思えばいい。」

「…本気で言ってます?」

「本気だ。」

なぜ、目を逸らす(怒)




外で昼食をとると出て行った教授と別れ
野菜ジュースでも作ってもらおうとカフェに向かった。


それにしても
教授が最後に言ってきたあれは何だ。


「今年、食物学科に入ってきた子でな、
 知り合いの娘さんがいて…
 白石桃というんだが…。」

しきりに頭を撫でている。

「まぁ、あれだ…、
 気にかけてやってくれ。」

至極、歯切れが悪い。

俺がそういうのを嫌いだと
知っていての話だからか?




白石桃か…。

関わりになることもないだろう…。




web拍手














スポンサーサイト




| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top