FC2ブログ

広がる世界05

一斉に女生徒の視線が集中したのがわかった。

目の前のこの人に…。




「あ、はい。会いましたっっ。」

「そうか。」

「……。」

き、緊張して…
頭まっしろ!!!

視線も痛いし!

「じゃ。」

あ…
行ってしまう。

緊張して何も話せないくせに、
なんだろ…、
この気持ち…。

はじめてのモヤモヤした気持ちに戸惑いながら
広い背中が遠ざかっていくのをを見ていると、

「!?」

急に立ち止まり、振り向いた。




気持ちを見透かされたような気がして
耳まで赤くなる。

「お前、名前は?」

「え?」

「名前だよ。」

「し…」

「白石桃ですけど、何か?」

トレーを持った優太くんが
となりでそう言った。

優太くん、
笑ってるけど…

いつものスマイルじゃないよ?


 ぽちりに感謝カンゲキ雨嵐<(_ _*)>



 
スポンサーサイト




| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top